現在でも存在する!?住み込みの仕事について

住み込みの仕事にはいったいどのような仕事があるのか

住み込みの仕事というと大きなお店の社長の家に住みながら働くというメイドや執事のような仕事というイメージを持っている方も多いと思います。現在ではそのような形態も確かにありますが、現在では繁忙期があるスキー場やホテルなどのリゾート系の仕事が住み込みの仕事が多くなっています。またレストランや小売店等深夜まで営業していて公共交通機関で通勤することが難しい業種の企業では勤務地の近くに寮や社宅を用意してくれるところもあるので、そのような企業を含めれば住み込みの仕事は非常に多岐にわたるといってよいでしょう。

住み込みのメリットとは

住み込みのメリットとしてはまず通勤時間が自宅よりも短くなるという事が挙げられます。仕事場の近くに住む場所を会社が提供してくれるので自宅より通勤時間が短くなるケースが多く、そのため時間的余裕が生まれやすくなります。
また、住宅にかかる費用を企業側が多く負担してくれるので、住宅費が少なくなる分自宅暮らしよりも金銭に余裕が出るため、お金がたまりやすくなるメリットがあります。

住み込みの仕事の探し方

住み込みの仕事を探す方法として求人情報の会社情報に寮や社宅が存在するかどうか確認する方法です。
求人サイトによっては寮や社宅が存在する会社のみを絞って検索することできるサービスを行っているサイトもあるのでそのようなサイトを利用すると検索ボックスを検索する手間が省けます。
また、部屋の形態や寮や社宅の家賃が無料なのかかかるとしてもどれくらいの値段なのか必ず求人の概要欄を確認して住み込みの仕事を選びましょう。

上京をしたりするにあたって、必要なのは仕事と家です。寮の求人が人気なのは、この二つを一度に手に入れることが出来るためです。