薬のプロフェッショナル!薬剤師とはどのような仕事?

薬剤師は薬を取り扱う専門家

薬剤師はその名前の通り医薬品を取り扱っている専門職であり、薬に関する幅広い知識を持っているところが特徴です。

その仕事内容は医師が出した処方箋に基づいた薬の処方や調合を中心として、患者への服薬説明、薬の販売、健康相談などが挙げられています。また医薬品の研究開発を行っている薬剤師もおり、薬や健康面に関係する様々な仕事を担っているのです。

薬剤師をするために必要な資格とは?

薬剤師として仕事をするためには、「薬剤師」の資格が必要です。

薬剤師の資格は国家資格であり、指定された大学の学科を卒業してから国家試験に合格しなければいけません。ちなみに薬剤師の学科は6年過程となっていて、夜間部門や短期大学には学科が存在していないという特徴を持っています。実習過程が存在していることから通信教育でも取得することはできないので、資格を取得するためには薬剤師の学科がある大学で必要な科目を履修しなければいけないのです。

薬剤師の働き方と条件に付いて

基本的に薬剤師の働き方としては正社員・パート・アルバイト・派遣など色々な種類があります。働く場所としても調剤薬局のほかにもドラッグストアや製薬会社など幅広い活躍の場があるので、自分の生活スタイルや目指しているスキル・キャリアに応じて検討することがおすすめです。

基本的に働く際の条件などはないのですが、例えば製薬会社であれば薬の研究開発をメインとしているのでより専門的な知識が必要不可欠だとされています。さらに治験の仕事となるとほかの職種との連携や豊富な知識が必要とされているため、薬剤師のほかにも専門的な資格が必要となるケースも多いです。

薬剤師のシニア求人の中でも、雇用形態によらず経験や資格を活かせるものは、定年退職後の人におすすめです。