外資系転職を目指すなら早めの行動が大事!

企業ごとの採用職種や業務内容を調べてみよう

外資系企業の採用職種や業務内容は、従来の日本企業と大きく異なることがあるため、外資系転職に関心がある場合には、早いうちから志望企業の求人票に目を通したり、公式サイトを閲覧したりすることがおすすめです。最近では、中途採用の選考の際に、それぞれの職種の専門スキルだけでなく、外国語の能力を求めている企業の数が増えているため、試験に備えて語学力向上を図ることが大切です。また、同じ職種であっても、企業の事業方針によって業務内容に違いが見られることもあり、時間を掛けて自分の能力を活かせる企業を見極めましょう。

外資系転職が初めての人はエージェント利用も考えよう

外資系転職の経験がない人は、求人選びや試験対策を効果的に行うために、余裕を持って転職エージェントに相談をするのも良いでしょう。特に、国内の大手企業において営業職や総合職などの実務経験がある人は、外資系転職の面接の際に担当者に高く評価してもらえることもあります。そこで、定期的にエージェントに助言をもらいながら、妥協をせずに職場探しをすることがおすすめです。

また、求職者へのサポートが手厚いエージェントの中には、外資系企業の採用試験の面接に同行してくれるところや、エントリーシートや職務経歴書の記載方法を一から教えてくれるところもあるため、じっくりと各エージェントの特徴を比較してみましょう。その他、時間に余裕があれば、実際に転職エージェントを利用して外資系転職を成功させた人の口コミを参考にしましょう。

外資系転職では、日本企業と面接の答え方において評価される内容が違います。成功させるには、外資系企業に力を入れている転職サービスで自分に合った転職エージェントを見つけるに限ります。